おすすめ消費者金融一覧

まずはお金を借りる前に、自分がどのクラスの消費者金融で借りれるか診断することが先決です。借りれるものなら、低金利の大手銀行カードローンが一番ですが、大手は審査基準が甘くありませんので要注意です。なにわともあれ、診断が先です。


自分に合った借入先を選んだら、次は申し込みです。webサイトから申し込めるようなら、自宅のパソコンやスマホから申し込み可能です。

申し込み画面の必要事項(氏名、住所、電話番号、勤務先、年収、現在の借入状況、等)を入力した上で送信し、更に、身分証明として免許証か保険証を撮影した画像を送信すれば、申し込みはOKです。

審査では、申し込みの際に記入した事項と、信用情報機関の個人情報を基に審査が開始されます。借入件数が多かったり、過去に破産などの整理をしていなければ、審査に通ります。

ただ、収入の無い無職の場合は審査に通りませんので、要注意です。

大手キャッシングローン中小キャッシングローン審査の甘いキャッシングローン

お金を借りるにあたっては、消費者と金融業者とが金銭賃借消費契約を締結することで、融資が決定するわけですが、契約が成立しないこともあります。

これは消費者金融側が、融資申込者の内容が審査基準に合致しないと判断したことが要因で、何らかの不都合な理由があったと推測されます。審査に通らない理由をあげてみます。

  • 複数借入者(借入件数、借入額が多い)
  • 支払い能力が低い(収入に占める支払い額の割合に問題)
  • 信用情報機関の個人情報に問題(貸付禁止者、支払いの遅延)

基本的に金融業者は消費者にお金を貸したいと考えています。支店長ならノルマもありますし、自らの出世にもつながりますので、融資額を増やそうと躍起になっています。

何しろ顧客を増やして融資をしないことには、利益が上がってこないわけですから、何としてでも融資につなげたいと考えているわけです。にもかかわらず、融資を断られるからには、相当な理由が存在していると考えたほうがいいでしょう。

その理由が上記のあげたような内容です。審査で落とされた方は、身に覚えがあると思います。

0借入状況に応じた融資先があります
消費者金融一覧

無職の場合

消費者金融でお金を借りる場合、必ず審査があります。審査に通らなければ融資を受けることが出来ません。審査とは、勤務先の所在確認と現在の収入、現在の債務状況などですが、この中で一番重要な項目は勤務先の所在確認です。

勤務実態がない無職の人がお金を借りることは通常在り得ないわけです。それもそのはず、毎月決まった収入がない人間にお金を貸すにはリスクが高過ぎますし、焦げ付く可能性が高いのも無理はありません。

したがって、無職の人間がキャッシングをするのは不可能ということです。

複数借入者の方

借入件数が増えてくると毎月の支払いが覚束なくなってきます。借金の額が増えてくると利息も比例してが高くなってくるので、元金の充当分よりも利息の支払いのほうが高くなってきます。

そうなってくると、毎月利息を納めるのみになってしまい、元金が一向に減らなくなっていきます。結局、支払いが足りない分新たな借金をして支払うようになり、だんだんと借金が膨らむようになってくるのです。

このような事態に陥らないためにも、まず第一に借入件数を減らす努力が必要です。

一本でも借金の数が減ると、随分と楽になりますし、おまとめローンの審査に通る可能性も高くなります。おまとめローンはその名のとおり、現在の債務を一本化する金融商品なのですが、審査は甘くありません。

かなり厳しいの現実で、この借り換えローンの審査を通ろうと思うならば、借入件数が4件程度にまでまとめておくことが肝要になります。おまとめローンや銀行ローンは総量規制対象外なので、年収の三分の一以上の借金があっても大丈夫んです。

最終更新日 19/11/15